ジンギスカンとは?

ジンギスカンは、日本で発生した羊肉料理で、マトン(成羊肉)やラム(仔羊肉)を用いた焼肉料理の一種です。
またはその料理に用いる鉄鍋をも指すことがあります。また、「成吉思汗」という漢字名で表記されることもある。

ジンギスカンの歴史

戦前に出現した当初は、酒の肴、おかずとして羊肉のみを焼いたものであり、
戦後に至って野菜を加えて焼くようになりました。
後には野菜を敷いた上で羊肉を蒸し焼きにする方法や、うどんを入れる焼き方と多々工夫されています。

北海道の郷土料理として知られていますが、
他にも本州でも岩手県の県北沿岸部や遠野市、
長野県上水内郡信州新町など、局地的に常食されている地域が実は存在します。

これらの地域では花見をはじめとした宴会や集会の打ち上げなどで食べられることが多く、
俗に「盆・暮れ・正月・花見にジンギスカン」とまで言われいます。
「焼肉」がすなわちジンギスカンを指す場合すらあり、
各種イベントには欠かすことができないものとなっているのがジンギスカンなのです。

意外と知られてませんが、
北海道特有の料理として、2004年10月22日、北海道遺産に選定されている食品です。



調 理 法

1.ジンギスカン鍋を火にかけ、熱くなったころに羊の脂塊を塗りつけます。

2.モヤシをメインに、あらかじめ切っておいた玉ねぎ、
ニンジン、ピーマンなどの野菜で鍋全面を覆います。

3.ある程度野菜に火が通ってきたら、鍋の汁溜まりに野菜を下ろし、肉を鍋の上部の丸い部分に載せ焼き始めます。このとき、肉の漬けタレを鍋の下部の汁溜まりに適量流し込み、野菜の煮込みに入れるのがポイントです。

4. 肉を焼き始めると、焼けて香ばしくなった肉汁が汁溜まりに流れ込みます。肉は火が通ったらそのまま食べることができます。野菜も煮えたことを確認したら食べましょう。

5. 肉と野菜を継ぎ足し、焼けたら食べることを繰り返します。終盤に入るとすき焼きの締めに近い形で仕上げになります。汁溜まりで適度に煮詰まった肉汁とタレの中に、うどん玉(丸麺が良い)や中華麺(やきそばの麺を流用する)、または角餅を短冊に切ったものなどを投入し、煮込んで賞味する。最後に生卵を投入し、卵とじ風に食べる方法もあります。
調理前

調理後